武漢市のビジネス環境

HOME武漢経済圏とは?>武漢市のビジネス環境

武漢市のビジネス環境

交通機関

北の北京、南の広州、西の成都、東の上海のほぼ真ん中に位置し、飛行機、鉄道、道路は東西南北に走っています。 また、武漢市中央を長江が流れ海運においても武漢港にて24時間通関可能であり、そのまま外国へ直結しています

空港
  • 武漢天河国際空港
  • 日本からの直行便
    →東京国際空港(成田)
    →関西国際空港
鉄道
  • 京広線【北京-広州】
    →武漢~北京まで4時間
  • 京九線【北京-九龍[香港]に至る線】:本線は九江市方面を通過
    →武漢~香港まで4時間
  • 合武線【合肥-武漢・漢口】
    →武漢~合肥まで2時間
  • 上海-成都間高速鉄道:合武線などを経由し上海と連絡する。
  • 上海-武漢(漢口)間高速鉄道
    →武漢~上海まで5時間
  • 北京-香港間高速鉄道:北京-武漢-広州-深圳-香港を連絡する列車。
    →武漢~深圳まで4時間
  • 武漢市内の現在地下鉄13路線を建設工事中。2018年10月現在7路線開通し順次開通します。
航路

8000tクラスの貨物船が停泊できる埠頭は3つ。上海上海洋山国際港まで50時間。
また、現在新港の建設が決定。総延長距離1.7km、2000トン~5000トンクラスの貨物船が13基停泊可能です。

高速道路
  • 京珠線【北京~珠海】
  • 沪蓉線【上海~成都】

いずれも武漢市で交差しているため主要都市への交通が大変便利です。

武漢天河国際空港
▲武漢天河国際空港
新幹線
▲新幹線
高速道路
▲高速道路

技術・産業

現在武漢は、「鉄鋼」「ハイテク」「自動車」「機械」四つが柱産業となっています。

鉄鋼業・自動車・ハイテク・機械産業
  • 光エレクトロニクス分野の開発・製造企業
  • 自動車を中心とする機械製造業
  • 製鉄を中心とする素材型製造業
  • 新薬開発をはじめとする生物バイオ産業

特許件数は国内都市ランキング第3位を誇ります。

商業流通・金融

武漢市内には多数の商圏があり、2018年10月現在
高級ショップはLOUIS VUITTON 3店舗、GUCCI 5店舗、HERMES 2店舗など。
外資大型スーパーはイオンモール3拠点、イオン5店舗、ウォルマート14店舗、カルフール9店舗など。
さらに日系専門量販店は、ユニクロ16店舗、無印良品7店舗、ニトリ7店舗などが店舗展開しています。
日系銀行としては、みずほ銀行、三菱UFJ銀行の2行の支店があります。

その他

農村部には肥沃な田園が広がり、都市近郊型の農業を形成しています。近年は都市住民の健康志向により、無公害の有機農産物の需要が急増しています。

鉄鋼業
ハイテク
機械産業

武漢経済圏への進出のご相談はこちら

■電話でお問い合わせをする

ナビダイヤル0570-0484-12

■メールでお問い合わせをする

Webからのお問い合わせはこちらから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ