武漢市とは?

HOME開発区>漢南区

漢南区

漢南区

武漢市漢南区は、武漢経済開発区の南西に位置し、現在急激に開発を進めています。 同区総面積は237km2であり、現在その内23.6km2を工業産業園として開発中。 第一期として7k㎡開発済みであり、丸一鋼管、ミツバ、王子製紙など日系企業がすでに7社進出しています。 同区は既製工場として事前建築した5,000㎡程度の建売工場、レンタル工場を持ち、特色ある工業産業園となっています。 第2期として16k㎡を開発中。未だ広大な土地が残されており、今後の大型投資にも最適です。

同区から武漢経済技術開発区までは高速道路で約30分の距離であり、武漢経済技術開発区の自動車完成車メーカー、武漢メーカーへのサプライ拠点として注目されています。 同区は約50kmの距離で長江に接しており、ここに5,000トン級の船が停泊できる港を3ヶ所建設予定です。

現在の建設状況(2012年 9月撮影)

現地写真1現地写真2 現地写真3

現地写真4現地写真5現地写真6

現地写真7現地写真8現地写真9

主な進出済み日系企業

会社名(中文) 関連事項
廣澤精機(武漢)有限公司 広沢製作所
武漢今仙電機有限公司 今仙電機製作所
武漢総和汽車零部件有限公司 テイ・エステック株式会社
丸一金属制品(佛山)有限公司武漢分公司 丸一鋼管
王子包装(武漢)有限公司 王子製紙

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ