孝感市の概況

HOME武漢経済圏とは?>孝感市の概況

孝感市の概況

中国孝感市は武漢経済圏の1つであり、武漢市の北西に位置する市です。

近年、自動車完成車メーカーが生産拠点を武漢経済圏に設置するにあたり、自動車関連の製造メーカーも進出が盛んになっています。その中でも武漢市に比べて土地代、レンタル工場家賃が安く、政府優遇施策が充実している孝感市が今注目を浴びています。

交通の便も非常によく、武漢天河空港まで都市鉄道で18分、車で30分です。

孝感市では、官民一体で日本企業の進出を歓迎し優遇しており、高品質低価格高サービスの孝感日本企業産業園を作って、日本企業の進出を積極的に進めています

都市名 日本語:孝感(こうかん)   中文:孝感   English:Xiaogan(シャオガン)
座標 北緯31度、東経114度
日本との時差 日本より1時間遅い
人口 531万人
面積 8,910平方km
地理 発達した陸水空の立体総合交通体系を完成させ、「中国立体交差橋」を作る重要な支えとなる。
東西南北の大動脈集結点、京広線・京広高速道路が南北を貫き、漢渝線が東西を横断しており、国家二級レベルの鉄道貨物運輸駅を有している。
国家の骨格をなす交通網が縦横に走る。
京港澳、福銀、?蓉の三つの高速道路が走り、107、316二つの国道が孝感で交わっている。
中国内陸部最大の空港武漢天河空港までわずか30kmの距離にあり、都市鉄道を利用すると空港まで18分、また武漢中心部まで35分程度で到着できる。
市内区域 孝南区、孝昌県、大悟県、雲夢県の四つを管轄する、また、安陸市、応城市、漢川市三つの市を行政管轄する。
気候 大陸性気候で、年平均温度16.2℃で日本と同じように四季がある。
言語 漢語が大部分、共通語は漢語標準語。
宗教 仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ラム教など。
歴史 孝感は全国で唯一「孝」という字を都市名を持つ中規模都市であり、「董永と七仙女」伝説の発祥地でもある
通貨単位
GDP(2017年) 1576.69億元 対前年比7.9%増
物価 上海・北京と比較すると食費・住宅費6~7割程度。
主な進出企業 矢崎総業、小糸製作所、中央発條、南部化成、鈴与、三光合成、TSテック、シークス、東洋クオリティワン等。

武漢経済圏への進出のご相談はこちら

■電話でお問い合わせをする

ナビダイヤル0570-0484-12

■メールでお問い合わせをする

Webからのお問い合わせはこちらから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このページの先頭へ